TOP在宅生活を応援します
在宅生活を応援します

まつばらピアセンター(障害者生活支援センター)
障がいのある方の自立と社会参加を支援するため、さまざまな相談をお受けしています。お話を聞いて、情報の提供や助言などを行っています。気軽にご相談ください。
詳細はこちら

車いす貸出し事業
病気やけがなど一時的に必要な方に対して車いすをお貸ししています。
詳細はこちら

福祉サ-ビス利用援助(日常生活自立支援)事業
認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者などに対して、生活の見守り(福祉サ-ビスの利用手続きの援助や代行など)、財産保全、金銭管理サ-ビス(預貯金の出し入れ、公共料金の支払いなど)を行っています。
詳細はこちら

介護保険事業
平成12年度から介護保険事業がスタートし、当社会福祉協議会では居宅介護支援事業(ケアマネージャーが介護認定調査や介護サービス計画書を作成)、訪問介護事業(家事援助・身体介護のためのホームヘルパーの派遣)の2つの事業を行い、要介護者の自立援助及び介護者の負担の軽減を図っています。
介護サービス計画(ケアプラン)の作成 ホームヘルパーの派遣

障がい福祉サービス
障害者自立支援法に基づくサービスとして、ホームヘルパー派遣事業(家事援助・身体介護のためのホームヘルパーの派遣)・ガイドヘルパー派遣事業(単独で外出が困難な方へのガイドヘルパーの派遣)・生活介護事業(身体に障がいのある方のための通所サービス)の3つの事業を行い、障がいのある方々の社会参加を促進しています。
ホームヘルパーの派遣 ガイドヘルパーの派遣 生活介護事業(福祉会館デイサービスセンター)

地域包括支援センター
松原市より委託を受け、高齢者の方々やご家族などの身近な相談窓口として地域包括支援センターを設置しています。保健師や看護師、主任ケアマネージャー、社会福祉士などの専門職員が連携をとりながら、適切なサービスを紹介したり総合的な支援を行います。
詳細はこちら

CSW(コミュニティ・ソーシャル・ワーカー)
地域にお住まいの高齢者・障がい者・児童・ひとり親家庭をはじめ、福祉に関するさまざまな相談を受けつけています。電話・来所・訪問によりお話をおうかがいします。相談は無料です。
詳細はこちら



検索サイトからお越しの方で、画面左部分にメニュー、画面上部に松原市社会福祉協議会のロゴが表示されていない場合は、こちらの松原市社会福祉協議会TOPページをクリックしてください。

Copyright (C) The Matsubara City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.